躍動感、臨場感、透明感のある写真を撮る、大竹宏明のWEBサイト。

Profile


大竹宏明

HIROAKI OTAKE

 

 

PHOTOTOL(フォトトル)代表。

 

「躍動感、臨場感、透明感」をテーマに掲げ、人物ポートレートを撮り続けている、フォトグラファー。

 

2016年現在で、大人から子供まで、延べ2000名以上を撮影。

特に、その人本来の魅力を研磨しながらも、ナチュラルで生き生きとした表情の写真を撮ることを、得意とする。

ファッション業界で培ったセンスを活かし、「躍動感のある子どもたちの写真」「臨場感のある動画のような写真」「透明感のあるポートレート」を中心に、撮り続けている。

 


1979年1月生まれ。みずがめ座。O型。千葉県出身。

大学卒業後、株式会社ISSEY MIYAKEに勤務。その後、通販サイトを運営するマガシーク株式会社で、レディースファッション通販サイト「magaseek」を担当。100以上のレディスブランドの販促、企画、仕入れ、販売など、ファッション通販サイトの業務全般を行う。ファッション誌との提携なども実を結び、売り上げを5倍にする敏腕MDに。ファッション誌と通販サイトの提携の先駆けとなる。

その後、30歳の時にフリーランスとして独立。通販サイトのコンサルティング、ディレクション、マーケティングを行う。

20代後半から、独学で撮り始めた人物写真が「声が聞こえてきそうな、生き生きとした写真!」「透明感があって、洗練されていて素敵!」などと口コミで広がり、記念日の出張撮影や、アパレルブランド、カフェ、エステサロンなど、様々なジャンルのホームページ用の写真撮影の依頼が殺到し、フォトグラファーに転身する。